コマツ ガトリングプレスセンタ導入

コマツ産機 GT3300



3軸独立油圧サーボ制御機構により、最適な打抜きモーションでパンチ加工。さらに複雑な成形加工もこの機構によりパスラインを変えずに加工可能。

300型収納マガジン、シングルヘッドによるオールオートインデックスで金型交換はほとんど不要。また金型管理機能により金型セットミスによる破損や、不良発生を防止します。

従来のガトリングプレスの140%加工能力アップによる生産数UPが可能になりました。


NEWS 4







ページのトップへ戻る